admin
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライブの余韻。

それは、
手のひび割れとふくらはぎの筋肉痛と肩の張り(笑)。

さて。
感想文書く気です(爆)。

今回は出演者も多く、
歌った曲も洋楽オンチな私には知らないものばかりだったので、
詳細なレポは書けないと思いますが、
いつものように自分自身の記憶の記録と
賛歌できなかった方へ少しでもライブの様子をお伝えするために、
記憶の糸を辿りながら
少しずつ書いていきたいと思います。

そして、"お断り"です。
この感想文は私の記憶のみに頼って書いています。
なので間違い等がないとは言い切れません。
特にMCなどは誰がしゃべったのか、とか
細かな言い回しなどは正確ではない場合が多いかと思います。

ニュアンスが伝わるといいなと思って書いていきます。

もし間違いがありましたら、遠慮なくご指摘いただけれは嬉しいです。
お礼に私からの愛をプレゼント←大迷惑。


んじゃ、行ってみよー
会場に入るとセルゲイの時と同様、2階席の高さにスクリーンが。
天井にはミラーボールもぶら下がっています。

まず笑ったのは開演前のアナウンス。

「・・・・・アフロヘアは大変面白いのですが、
後ろのお客様のご迷惑になりますので外していただくようお願いいたします。
また、ペンライトは大変キレイなのですが、
ミラーボールで充分ですのでご使用をお控えくださいませ。」
こんな内容だったと思います。

18:25過ぎ。
客席を照らす照明が消え、ついにライブが始まりました~


最初に登場したのは 武田 哲也
衣装はジャケ写と同じです(てっちゃんはね。TAKEさんも同じだったのかな?)
そしてジャケに登場しているあの赤いサーフボードを2人で抱えて小走りで登場。

1曲目は♪武田哲也のテーマ(みたいな曲)
♪俺がT・A・K・E・D・A 武田!
 俺がT・E・T・S・U・Y・A 哲也!
 武田! 哲也!
こんな感じの曲です←アバウト。

2曲目は曲名不明。英語の歌詞でした。
たぶん、すごくエロイ感じのスウィートソウルだったのでは?←勘。

そして、待ってました3曲目は♪母に捧げるバラード
ここで最初のセリフに入る前になんとてっちゃん。
シャツの前ボタンを全部はずす。
現れたのは鍛え上げられた美しい上半身。
ジーンズもギリギリまで下げてはいていたので、
その肉体美を見た多くのファンは失神寸前になったことでしょう。
(実は私も倒れそうでした)
ステージ中央にひざまづいてセリフを言い切りました。

ところが。
"おかん"ことTAKEさんの「コラッ!哲也!」の声で
「ヤベッ!」とばかりに慌ててボタンを締める哲也。
"ヤベッ!顔"がスクリーンにも映し出されます。
セリフは"PV""DJ"のないMフェアと同じバージョンでした。

歌が終わると
哲也 「母ちゃん、最後にひとつ聞いていい?」
武田母 「なんや」
哲也 「JBって、誰?」
武田母 「それはなぁお前、それはな・・・時間切れや」
会場爆笑。
うなだれる哲也。
ジェームス・ブラウンのマントショーばりに
エメラルドグリーンのマント(実は美容院のケープ・しかも袖付き)を肩にかけるおかん。
憎い演出ですね~

JBのマントショーは実際には知らないのですが、
ラジオか何かでその話を聞いたことがあります。
それを取り入れたんでしょうね♪

武田哲也はこれで終了。
惜しまれながらまたサーフボードを抱えて小走りに退場していきました。


お次は DANCE☆MAN with 3スペラーズ の登場です!が、
続きはまた次回・・・
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 Moon Light, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。