admin
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

城ホール、どんなんだったんでしょうか・・・。
ものすっごく気になる。

本当は千秋楽までに書き終えたかったんだけど、無理そうです。

では今日もお付き合い下さいませ




ここから珠玉のラブソングタイムです

Simple Words
「I love you~」のコーラス部分がホントに大好きです。
スタンドマイクをしっかりと、時にはやさしく持ちながら歌う姿も素敵です

ひとり
ミモザ
言わずと知れた名曲でございます。
何度聴いてもいいですねぇ♪

MC
村 「アルバム『Be as One』の中で歌ってない曲があるよな?北山」
いよいよ「Lean on me」ですよ!
てっちゃんからふられた北山くん、カーク・フランクリンという人について、
そして「Lean on me」について説明を始めます。
村 「今日はスペシャルゲストが来てます!」
なんと、ブレンダ・ボーンさんをはじめとする3人の黒人シンガーさんが登場!
衣装も黒でお揃いです。
ごめんなさい。ブレンダさん以外の方のお名前は覚えられませんでした。
女性2人、男性1人の3人のコーラスが付いて、贅沢な「Lean on me」が始まりました。

Lean on me
生は凄いですね!
どの曲にも言えることなんだけど、CDを聴くのと違って
声の厚みや息遣いや気持ちの込めようなんかを目の当たりにする。
生=ライブって素晴らしい!!だからやめられない!!
この曲を聴きながらそんな事を考えていました。
(もちろん、CDもすごくいいですよ♪)

曲も終盤にさしかかり、
てっちゃんが「♪Here's my shoulder・・ You can lean on・・・」と歌ったあと、
客席に向かって話し出します。

(話の順番が違っていたらごめんなさい。)
「Lean on me」をレコーディングするに当たり、カークのライブをみんなで観に行ったそうです。
でも彼は歌も歌うんだけれど、ずーっとしゃべっている。
てっちゃんは彼のライブに影響を受けたようです。
村 「まずみんな、前後左右の人と握手してみて。なんならハグしてもいいよ」
会場は照れ笑いのような雰囲気に。
私も隣の女性とニッコリ会釈。
村 「もしかしたら隣の人が自分の財布を拾って、明日届けてくれるかもしれない。
もしかしたら同じビルの同じフロア、違うフロアで働いている人かもしれない」
今日この同じ空間に居合わせた者同士、つながろうということ。
安?(or村?) 「隣の人がカッコイイ男の人だからって抱きついたりしちゃダメですよ(笑)」

(↓以下、てっちゃんの話の要約)
この曲は「苦しい時、辛い時、いつでも俺の肩に寄りかかっていいよ」という内容の歌。
俺達はただ英語の歌を歌ってるんじゃない。
ただ言葉をならべているだけじゃない。
この歌に込められたメッセージを感じてほしい。
そのためにみんなに協力してもらいたい。
俺達がみんなに協力してもらうといったら・・もちろん歌!

会場から歓声♪

まずは黒ぽんがお手本を歌います。
全員で「♪You can lean You can lean You can lean on me~」
次にステージに向かって左側の人達のパート。
通路でパートを分け、該当するお客さんに手を挙げさせるてっちゃん。
でも間違って手を挙げてしまった人達が。
そこ違う!とつっこむてっちゃん。会場から笑いが起きます。
ここは酒井さんがお手本を見せます。
続いてステージ向かって右側。
村 「今、反対側を見てたんだから学習してよ。じゃあ、その通路からこっち側の人」
やっぱり間違えるお客さんにてっちゃんキレる(笑)
村 「だから違うって言ってんだろ!」
酒 「まあまあ、細かい事は・・・」
OAの時のような2人のやり取りが微笑ましいです。
こちらのお手本は安岡くんでした。

この間中ずっと黒人シンガー3人組は伴奏に合わせてリズムを取っているのですが、
その振りがぴったり合っていて、しかもすごくカッコよかったのを覚えています。

会場が三つのパートに分かれて歌います。
途中、声だけになりますよね?バンドさんの音が消えて。
武道館に本場のゴスペルのような歌声が響き渡りました。
私は「MO'BEAT」しか体験していないけど、
ぜんっぜん違う!
すっごい鳥肌!
なんだかね、泣けてきましたよ。本当に。

少しずつバンドさんの音が入り、ゴスのリードも入っていきます。
胸がいっぱいの私。
曲が終わった時にはものすごい拍手と歓声が続きました。

個人的には「なりきり」っていうのとはちょっと違うものというふうに感じました。

「一筋の軌跡」とはまた違う
会場にいる人みんながひとつになった瞬間でした。

てっちゃんも「Lean on me」をこのツアーでどうやって表現していくか、ずっと考えていたそうですよ。


・・・・・⑤に続きます。

コメントをくださったかた、ありがとうございます。
レス少しお待ちくださいね♪


スポンサーサイト




うわぁ、あの鳥肌がたったあのシーンがよみがえりますぅ。うぅ。ほんとに会場が1つになりましたよね、あの瞬間は!最近私の通勤はひたすらこの曲が何回もリピートされてます。こうなると…やっぱり城ホが気になるぅ!今日はどんなになるんだろ?リアレポ読みたいような読みたくないような…。うぅ。
【2007/06/07 08:03】 URL | でぃずすけ #-[ 編集]
でぃずすけさんへ☆
すごかったよねぇ・・・(遠い目)
私この曲をライブの翌日に聴いて泣けたよ。
それ以来、聴きたいのになかなか聴けないの。

今頃リハの真っ最中でしょうか。
「いつも通りにやるだけ」と書き込んでいたてっちゃん。
またまた心は大阪です。
【2007/06/07 16:35】 URL | すず #CX3ssy.c[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 Moon Light, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。