admin
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長いな~・・・・。
一曲ずつ感想や思い出なんかを書いていたらこんなに・・・・・。
パート5になってしまったわ~
しかも、年越ししてしまった。まさに「またぎ」です。

んじゃ、今日も行ってみよー!
*ネタバレ回避中の方はご注意くださいませ♪





















拍手に迎えられて再び登場したゴスペラーズ。
アンコール一曲目はこの曲でした。

♪Let it go~PARCO X'masバージョン~
酒井さん&北山くんの流暢な英語。
これが聴けて嬉しい
もうCMは終わっちゃいましたもんねぇ。
聴けないですもん。貴重です。
ちなみに現在のパルコのCMは
キリンの首がぐんぐん伸びるグランバザールバージョンでございます。(←そんな情報はいらない)

♪Winter Cheers !
フレッシュ感のある若さ溢れる曲。
この曲も生で初めて聴きました。
もしかしたらこの曲はツアーが進むにつれて違う曲に変わるかなと思いました。
もしそうだとしたらどんな曲を歌ってくれるか楽しみですね。


ここでMC。
最近参加したトリビュートアルバムのことを話してくれました。
すると会場から何やら声が。
何て言ってたのか聞き取れなかったのですが、
どうやら『どうして紅白で「ふるさと」を歌うのか?』というような内容だったみたいです。
何人かで同時に叫んでいたので、メンバーにもなかなか聞き取れなかったようでした。
酒井さんなんて「猫を箱に入れて振った時のような声みたい」なんて言ってましたよ。
・・・そんな事したことあるのかしら?酒井さん・・・。

そして、「せっかくだから、あと一つ質問を受け付けます。」とてっちゃん。
最前列の女の子が手を上げました。
「どうして黒ポンはそんなにカッコイイんですか?」
このタイミングでのこの質問に会場は爆笑。
北山くんだけでなく、酒井さんまでもがひっくり返ってました。
酒井さんなんて後ろのほうでグレちゃって、
しゃがんでタバコを吸うマネしたりして・・・。
質問をした女の子の目の前に黒ポンを連れて来るメンバー。
そして、てっちゃんが一言。「目がデカイからです。」

トークが盛り上がる中、会場から子供の声が。
ここでてっちゃんが「ライアンを探せ」プレミア試写会での出来事を話してくれました。
イメージソング「♪Prisoner of love」を歌うために登場したゴスペラーズ。
すると会場からは「ねぇ、ライアンはまだぁ?」という子供の声。
「子供にとっては俺達の歌なんてどうでもいいんだよな。」みたいな事を言ってました。

気持ちを切り替え、次に歌ってくれたのはこの曲。

♪陽のあたる坂道
さっきまでの楽しい雰囲気が一転。
またまたカッコイイ5人です
 ♪この坂を上ったら 二人どんな景色がみえるだろう
決して現状に甘んじることなく、常に坂を上り続けるゴスペラーズ。
一緒に坂を上っていくファンの一人に私もなれたのかな、
そんな気持ちでこの曲を聴いていました。


ここでメンバー一人一人が最後の挨拶です。
どんな言葉だったか、残念ながらよく覚えていません。
ただ、北山くんが言った言葉は少し記憶に残っています。
「みんなからたくさんたくさんをもらって、僕(僕達?)からもたくさんたくさんを送って・・・」
そして、そういうことを大事に(大切に?)したいと・・・。
そんな言葉だったと思います。
・・・届いたのね。私からのが。(←最後まで勘違い)

挨拶を終えたメンバーから後ろの門のセットの前に並んでいきます。
そして、ライブ最後の曲。

♪星屑の街
この曲は私の大切な、大好きな、想い出の曲。
真っ暗になったステージの後ろ一面に星が輝き始め、
ライトがメンバーを照らします。
少しずつ重なり、広がっていくハーモニー。
心の奥まで響いてくる歌声。
「このままずっと時間が止まって欲しい。」
だけど、終わりの瞬間は必ずやってきます。
私はこの光景をずっと忘れないように、目に焼き付けようとしていました。


最後の曲が終わり、5人は門を開けて静かに退場して行きました。


・・・・・次回で終わるかな。
MCと全体の感想も残しておきたいと思います。






スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 Moon Light, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。